Garden Design Office萬葉のNEWSを綴る。
<< 吉野へ☆ | main | 感謝! そして、ハジマリマス☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かごしま

 嫁はんの両親はどちらも鹿児島出身。
 それも車で15分ほどの集落どうし。


 いろいろな事情も抱えながら
 骨休めも含めて
 1年半ぶりに「かごんま』へ。



 僕は仕事の都合がつくかどうかわからなかったので
 家族とは別便で。

 初めてのPEACH☆
  
 なかなか時間もお金も余裕がないと帰省できない場所なので
 うまいことやってはって、安く乗れるのはホントにありがたいです!




 鹿児島神宮の大きな楠の木!

 
 毎回お参りするようになりました。

 画像ではわかりませんが
 垂れ下がるように横に真っすぐ伸びた太い枝を
 真っすぐに伸びた杉の木が支えています。
 
 このお隣にも「石體神社」っていうのがあって
 そこが元々の神様っぽい感じです。


 現在は、安産祈願の神様と地元では言われているらしく
 神体の前にある丸石を持って帰って
 出産後、持って帰った石と新たな石をもうひとつ持って
 還すのが慣しのようです。


 

 

 ここは実家の地元の安良神社というところの
 ご神木の杉。


 初めて訪れたのは6年前ですが
 なんか昔から知っていたような

 なんともココロが洗われる空気感のあるところです。
 

 





 お隣の家では
 ニワトリが10羽ほどいたり、

 そのお隣では
 牛がいたり。。。

 コンビニまで車で10分。

 郵便局まで15分。

 スーパーまで20分。


 どれも信号は数えるほどしかない。



 自転車乗るにはすごい高低差やし
 距離があるから誰も持っていないそうだ。




 温泉はおちこちにあるので各町で営業していて
 スーパー銭湯並みの温泉に¥250で入れる☆
 




 透き通るような青い空☆
 
 


 トトロが出てきそうな林道☆
 
 ふかーい自然のように見えて
 全部人の手が入っている。


 そんな景色が
 「美しい」とも「薄気味悪い」とも思える。。。




 おばさんが作っておられる椎茸を
 焼いてガブりっ!!

 
 エイみたいに見えるけど
 椎茸やで。


 髪の毛乱れてるけど
 寝起きじゃないで。
 

 

 いつも作ってくださる煮物と地鶏の刺身☆

 これがまた美味いんです!!
 
 おばさんは足も悪く歩くのもままならないけど、
 息子さん家族は街の方に所帯をかまえてはって
 一人暮らし。


 80歳にもなるけど、足も悪いけど
 軽トラは運転しはる。
 唯一の移動手段。



 僕たちが帰れば
 すごく喜んでくれはる☆

 ほんでたくさん話してくれはる。


 義理の母とおばさんの会話は
 鹿児島弁で飛び交う。

 はじめはホンマに日本語じゃないみたいで
 ほとんどわからんかったけど
 今では2/3くらいはわかるようになってきた。


 鹿児島弁のスピードラーニングあっても
 ええぐらいやで! ホンマ。



 今はあまり畑仕事も家事も
 最低限しかできないけども
 近所のいろんな人があれやこれやと
 おばさんを助けてくれたそうだ。

 
 なにもお願いもしてないのに
 やってくれる人。。。

 自分にできないことは
 信頼できる人を紹介してくれたり。。。


 たとえそれが仕事だとしても
 おばさんは言われた金額より多めに渡すらしい。。。


 ホントに気持ちがいい。



 なんか想像もできない
 人と人の「信頼」というのが
 そこにでっかく存在している。



 「コミニティ」という言葉では到底追付かない。。。
 (すごく希望のある言葉やと思っていますが。)


 
 
 あいさつはキチッとする。

 そんなことまですごく大切なことやと
 教えられる。

 

 娘も2回目の鹿児島。

 2人でゆっくり散歩したのは初めて☆
 
 パパはホンマ楽しかったで!

 
 ニワトリも牛も柿の木も栗の実もコスモスも
 娘はホントに喜んでた。

 
 


 今回の「かごしま」は
 ホントにいろんなことを包んでくれた!

 たくさんの希望も見せてくれた!

 ありがとう☆


 
 
 だんだんと新しいふるさとになっていく。

 
 次はまた早いうちに行けたらいいな。

 
 


 


 


 
 
 





 
 
| | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

ページトップへ