Garden Design Office萬葉のNEWSを綴る。
東天下茶屋アートマーケット




明日からこれに参加します!!

今日無事設営を終えました☆
いろんな作家さんとご一緒させていただけるのが
すっごく楽しみなのだ^^





ボチボチやっておりますので
暇のない方も暇をもてあましてる方も
ブラッと寄ってみてくだせい☆
| イベント | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「素材のエッセンス」見学会&スライド座談会
 
 8/10の土曜日は
 大阪府建築士会 青年分科会
 「素材のエッセンス」という企画の
 ゲストスピーカーとしてお声掛けいただきましたので
 参加してきました☆


 この企画は
 建築に関わるいろんなつくり手さんや職人さんにスポットを当て
 話しを聞こう!というものらしく、
 栄えある第1回目に呼んでいただきました!!


 

 僕自身も
 実際に手掛けた庭を観ていただく機会や
 庭のお話しを聞いていただける機会なんて
 本当にないので

 今回このような機会をいただいたことは
 本当に嬉しく有意義な時間でした☆






 ちょうど1ヶ月前に竣工しました
 「COZY VILLAGE」さんの庭でまずは見学会☆
 
 いつもどおりのつたない説明ですが
 わりと真剣に聞いてもらってますね(笑)


 
 




 建築のプロの目を持った方々に観ていただいて、
 どこか裸観られてるみたいに恥ずかしいながらも、
 いろいろと質問や感想も聞かせてくださり
 嬉しい楽しい時間となりました。

 やっぱりこの暑いなかでも時間を割いて
 来てくださる方々は
 前向きだしパワーがありますね!
 






 おお☆こんな風景も!!!  座ってもらってますねー!!
  



 そして、酷暑のなか15分程歩いて移動☆
 
 

 「COZY VILLAGE」の建築をされた
 進和建設工業さんのセミナールームに^^


 涼しくてえらいもう快適でした☆
 
 まずは自己紹介とかしながら。。。


 

 爽やかなお部屋で^^

 スライドを使って「庭」や「素材」のお話しを☆ 
 



 「COZY VILLAGE」のオーナーさんも
 ずっとお付合いくださり、
 最後までご参加くださったことは本当に嬉しく思いました!!
 
 ここでもまたたくさん質問してくださり
 僕が疑問視してたことや、
 あまり人に説明したことがなかったことなど

 自分自身としても確認作業がたくさんできて
 良かったんですが、

 うまく説明できないこともたくさんあって
 難しさも痛感です(涙)









 そしてそして
 またまた別の楽しい時間に☆ 懇親会!
 

 

 ここでも同じ年代の方々と飲みながら^^
 




 そして3次会まで居残っちゃいました☆


 ここでは真剣に質問してくださってたメンバーの方も
 下ネタづくし(笑)


 ワイン半額やったしホンマ楽しい1日に☆
 
                   [写真提供]増田建築設計事務所 



 ホンマに今回は貴重な機会をいただきました!!

 大阪府建築士会青年分科会の担当の増田さん
 ご参加くださった皆さん
 進和建設さん、「COZY VILLAGE」のオーナーさん
 
 暑いなか本当にありがとうございました☆



 今後ともよろしくお願いしまっス☆





 そうして
 明日〜18日まで盆休みに入ります!

 ゆっくり骨を休めて遊んできまーーす^^v

 
 
 

 
 
| イベント | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
庭の 見学会&座談会
 
 遅い告知にはなるのですが。。。


 今週末の8/10(土)
 大阪府建築士会 青年分科会の方々に
 ありがたく声を掛けていただきまして


 実際に萬葉で手掛けさせていただいたお庭
 「COZY VILLAGE」の見学会と。
 少し庭のことを話しさせていただく座談会と。
 そんな機会をいただきました!


 一応、内部企画として催されていますが
 どなたでも参加可ということなんで
 もし、お時間ゆるす方おられましたら
 是非遊びにきてください☆




 詳しくはこちらを☆
 ↓↓↓
 
 ○日時 2013年8月10日(土) 見学・座談会 15:00~17:40 懇親会 18:00~20:00

 

 ○集合場所 JR阪和線「百舌鳥駅」東側改札口前 受付 14:30

 

 ○見学場所 COZYVILAGE 堺市北区百舌鳥赤畑町 4-325


 ○座談会会場 進和建設工業株式会社 3Fセミナールーム 堺市北区百舌鳥梅町 1-30-1


 ○参加費 500円

 

 ○当日連絡先 増田:090-9090-5131


 座談会後、南海・地下鉄「中百舌鳥駅」近辺にて懇親会を予定 しています。参加費:3,000~4,000円程度

 

 人数確認のため一応お申込みいただいております。
 
 niwa@office-manyo.com 萬葉 キタタニまで
 ご連絡ください。


 よろしくお願いしまーっす^^
| イベント | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと前の「森」のイベントのこと。
 
 少し前のことになりますが
 5/10~12の3日間
 イベント「住まいが森に。森が住まいに。」展
 に参加させていただきました!


 今回はいつもお世話になっている
 建築家の森垣さん [rivet design office]
 家具デザイナーの中川さん 中川design productsと
 庭作家である僕と3人で出展させていただきました!

 
 3人に共通した事柄から相談しながら
 テーマを創出して、
 僕たちなりに「植物のある暮らし」を考え、
 「今より“少し”身近に感じてもらえたら」
 という想いでディスカッションしてきました。

 会場は
 家具デザイナーの中川さんが育った長屋を改装してはる
 阿倍野区晴明通にある
 「48°N gallery」というところで。


 会場はこんな感じでした。


 まずは普段のギャラリー風景。
 

 

 打合せのときはこんな感じでした。
 







 
 そして
 
 当日はこんな感じに。
 




 エントランス
 



 
 3人の自己紹介パネル。
 






 長屋を題材にして考えたプランのパネル☆
 




 「家具」と「植物」が共存する景色。
 





 「生活感」と「自然」。
 



 
 このソファーに座るとまた目線が変わってよかった☆
 




 ギャラリーの外観
 


 お忙しいなか、また雨模様で足もとの悪いなか
 足を運んでくださった皆さん。

 いろんな方とお話しできる機会を下さった
 森垣さんと中川さん。

 本当にありがとうございました☆


 かなり楽しい3日間でした!!


 
 現在の予定では
 3人での出展は#3までやるつもりでいます。

 また是非ぜひ遊びに来てくださーい^^
 よろしくお願いします☆
 

 
 

  
| イベント | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
イベント告知 「住まいが森に。森が住まいに。」展

 こんなイベントに参加しています!


 「住まいが森に。森が住まいに。」展

 日時 5/10(金)〜12(日) 10:00〜18:00

 場所 48° N gallery
    大阪市阿倍野区晴明通7-8

 主宰 rivet design office     森垣知晃
    Garden design office萬葉 北谷知之
    中川design products    中川武




 大阪の長屋を改装したギャラリーで
 建築・庭・家具 それぞれのつくり手が
 「植物のある暮らし」について“少しだけ”考えてみました。


 

 
| イベント | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
お寺から広がること #4
 
 昨日20日は
 淀川区三国本町にある「正福寺」というお寺で
 ちょこちょこ開いておられるイベント
 「お寺から広がること」に行ってきました☆ 
  

 第4回目となる今回は
 MONTOM WORKSの山田知道さんが講師をされ
 というもの。


 山田知道さんは
 元スノーボードライダーでスノーボード学校の校長も務められ、
 現在はサーフィンなどもされているようで
 その動きをベースにいろんなお話しを
 してくださいました☆



 この「お寺から広がること」
 僕は意外なことに4回全部行ってたりします(笑)


 
 いつも僧侶である松本知隆さんが
 ご挨拶され、1分間の「合掌」からはじまります。
 
 僕はこの時間が好きです☆

 


 それからいよいよ「運動理論」のお話しへ。。。


 

 っと、その前に
「僕と運動」といえば・・・


 高校までは野球をしていたので
 そこそこ運動はやってきましたが、
 20歳くらいの頃からあんまりしないように。。。

 それはやっぱりあれが理由やろなー。


 学生の頃はよく行っていたスノーボード。
 できもしないハーフパイプに飛込み
 当然転倒。。。

 あれ?動けない!!!

 と思ったら「肩外れとんがな!!」
 ってな感じで左肩脱臼^^



 また半年ぐらい立った夏の日。

 友達に連れてってもらってサーフィンへ^^
 まあまあできるようなってきて
 楽しくなってきた矢先

 ちょっとわんぱくすぎたのか!? 
 元気よくパドリングしたら
 そのまま肩が外れて
 ボードに寝転んだまま浜までスーーーーっ。。。

 溺れずには済みましたが
 脱臼の「くせ」がついてしまいました。


 それ以降というもの
 野球のピッチングができない。
 アタマより高い球はとれない。
 寝ててもちょっとした段で外れた痛さで起きる!などなど

 かれこれ外れること50回以上。

 
 かっこ良く言うと
 「千代の富士と同じ肩を持つ男」なのです(笑)





 えらい自分の話しに脱線してしまいましたが、
 それ以来臆病になっているものなのです。




 
 しかししかし、
 今回の山田さんのお話しはすごくわかりやすく
 シンプルな理論で興味深かったです!


 普段から
 付合っているカラダではありますが、
 そんなに細かく分析して
 言葉にしていくようなことはそうそうないので
 かなり楽しく過ごせました☆


 
 想像力とバランスっちゅのは
 仕事のことを考えるときも、家族と居るときも
 いろんなものに通づるものやなーと思いながら。。。
 内容は

 ・前後運動
 ・上下動
 ・加重と抜重
 ・内傾と外傾(アンギュレーション)
 ・回線運動(ローテーション)


 時にはみんなで実際に体感しながら。。。



 なんか聞いてるだけで自分が
 颯爽と滑ってるような。。。

 パウダーでも滑れるような(滑ったことないけど・・・)
 気にさえなってきます(笑)



 ひとつひとつの動きをパーツに分けていって
 点として見てみる。
 ↓
 特徴が見える。
 ↓
 そしてそれをもう一度並べてみる。
 ↓
 隣りのものとの関連性を考える。
 ↓
 関連性がみえたら繋げていく。



 庭を観るときも、つくるときも
 自然に行っている作業かもしれない。


 それは、全体像として頭の中でもやってることやし

 実際の現場作業でも
 カラダの動きを分析しながら
 道具を扱っていることに気付きます。


 すごくおもしろい!!


 
 外傾の話しでは
 スピードとエッヂの摩擦と
 カラダの重心・傾きと傾斜の角度などなど。


 そのカラダのバランスを見れば
 プロポーションが
 すごく美しいなーと感じる☆


 土手に生えている樹木なんかも
 僕たちはそれを模して植えたりするけど
 ものすごくピッタリなバランスがあるんだろうなー。
 とかも思ったり。。。



 本当に有意義な時間でした!

 
 主宰されてる「正福寺」の松本知隆さん、
 今回講師をされたMONTOM WORKSの山田知道さんはじめ
 参加されてたみなさんありがとうございました!!





 最後にみなさんで集合写真☆
 [画像はMONTOMさんのブログより抜粋しています]
 



 
 
| イベント | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
吉野へ☆
 
 昨日は1日業務をストップして
 前々からずっと行きたかった吉野へ。


 目的のひとつは
 製材所に行くこと!


 現在、利用している木材と言えば
 レッドシダーか沈木系(セランガンバツ・イペなど)のもの。

 もちろんどの材料も特性があって
 適役か?適所か?ということを判断しながら
 使い分けているんですが
 どれもなにか遠い存在のような気がしてならない。

 多分それはこの材料が
 元々どんな環境で育ち、どんな場所で生えていたのかを
 知らんからかなー?と漠然と思っていました。
 ずっと。。。


 そして吉野に杉と桧がたくさんあることも
 もちろん知っていました。


 
 僕にとってレッドシダーは
 好きな材料です!

 僕がこの仕事に就いて、初めておもしろいなー
 と思い初めたのはこのレッドシダーを加工して「つくる」ことでした。

 香りも好きで何度ココロを和まされたことでしょうか^^


 でもやっぱり
 場面によっては違和感を感じることもあるんです。。。



 そんなこんなの気持ちを払拭させるためにも!

 1度その現場に身を置いてみたい!

 ということで。。。

 地元吉野の庭師「風人園」の大西さんに
 お願いして案内していただきました☆
 



 吉野中央木材株式会社さんの製材所です。

 吉野材のルーツや特徴など聞きながら
 楽しく見学させていただきました☆


 うん!おもしろい^^

 
 桧の丸太。




 
 この時期は材木の切倒しの前なので
 1年でもイチバンストックが少ない時期なのだそうです。




 
 案内してくださった吉野中央木材株式会社の石橋さんと風人園の大西さん。

 とにかく整理整頓されていて綺麗!!


 

 
 桧を挽いています。




 
 工具や機械がかっこいい☆




 
 ここでは、刃の目立ても機械に頼りきりではなく
 手作業でされているみたいです!!




 
 目立てられた刃たち。





 
 4面研磨された桧材。



 やっぱりそこには
 いろんな流れがあり
 人間模様があって
 僕たちの手元で活躍している。

 すごく当たり前のことやけど
 その一端でも垣間見れて
 本当に貴重な経験となりました!








 
 そして、製材所を離れ吉野を楽しみに☆
 
 ここはおそば屋さん☆

 気持ちいい空気感での食事。
 柿の葉寿司はホントに絶品でした!!





 
 樹齢250年の杉林。

 ちょっと写真では伝わらないですが
 大きな杉がみんな微笑んでるような空気感。

 すごく人に近い大自然とでも言ったらいのかな?
 


 それはニワを説明することに近い感覚の空間でした☆




 
 そしてその裾を下ると
 こんなに綺麗な流れが☆




 
 新潟で流れをつくったところなので
 なんかまた見えてくるもんもありますね^^




 
 このへんの石の並びはたまらんっス☆





 最後は蔵王堂に。
 




 





 
 10/1から御開帳なので残念ながら
 本尊は見れませんでしたが
 
 お寺のなかの空気感は
 なぜか疲れがすぅーっと抜けていくような気がして
 心地いいですね。




 
 今回は、ニワプラスメンバーである
 行ってきました!

 
 ん?? ホンマいっつも一緒やんっていうメンバーですね。。(笑)



 今回気付いたこと。

 吉野は思っているよりも近い!ということ。

 なのに、深い自然がそこにはあるってこと。

 そして、子供のころに行った楽しかった「記憶」があるってこと。




 これはホントに当たり前にわかってることやけど
 すごく大切に感じました☆




 最後に
 お忙しいなか時間を割いてご案内くださった「風人園」の大西さん。
 吉野中央木材株式会社の石橋さん。

 本当にありがとうございました☆

 

 
 
| イベント | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
10時間トークショー
  
 昨日2/3の夜8:00スタート翌2/4朝6:00終了という
 すげー企画のトークショーに行ってきました。




 top

 2012.2.3 FRI 20:00START
 @スタンダードブックストア心斎橋

 いつもの三人組(D&Departmet・ナガオカさん、graf・服部さん、当店オーナーである中 川和彦)

 

 

 
 昨年からここで2度同じ「コミュニティ」というテーマでの
 トークショーに参加させてもらってて、
 すごく僕なりに、これからの生活においても、仕事においても
 大切になるキーワードな気がしていて
 すごくおもしろく聞かせてもらってました。





 今回もこんな長時間で深夜に突入する企画にも
 かかわらず、朝までえらい人でした☆
 
 3:00くらいに撮ったかな? このまま最後までいっぱいでした。。。


 すごく大切なキーワードがたくさん出てきて
 なんとなく僕のなかでこんな感じかなーっていうのが
 でてきたので書いてみます。



 
 

 元々ナイル川沿いに人が集まって生活しはじめたこととか。。。

 
 日本でも田んぼや畑に水を引けるようにするために
 水利権とかがあったりとか。。。


 生きていくための「ライフライン」を共有することが
 「コミュニティ」のはじまりなんかなーって思います。

 
 特に「水」


 生活用水としても農業用水としても
 人の「暮らし」の生命線です。



 あと、「火」もやと思うんですが「火」は個々で
 起こせるものなので「家族」とかっていう最小の「コミュニティ」で
 共有できるものだと思います。


 焚き火を囲む。っていうのも人の集まりのサイズとして
 ちょうどいい感じ!っていう話しもすごくうなずけました。



 

 クニ子おばばの話しででてきた
 「火と水と塩があれば世渡りができる」という言葉も繋がってきます。





 

 それが現在では、
 「水道」「ガス」「電気」というカタチで各個人に
 エネルギーが供給され、代金を支払うことによって
 自由に使えるようになりました。


 めちゃ大袈裟な言い方をすると
 国という大きな組織に依存してライフラインを
 保ってもらっているような状態なのかなーと思います。



 そして、そのお金を横領したり着服したり
 という事件がおこって国民が怒っている!
 っていうのが現代の社会のカケラだと思います。







 で、問題はこれをどうやって現代の社会での
 「コミュニティ」ってとこにあわせていくか?
 やと思うんですが、すごく難しい。。。



 今回でてきた「食がつなぐコミュニティ」っていうのも
 この感じでいくと・・・

 「食べる」という行為は
 植物が光合成したり水を供給したりするのと一緒で
 「生きる」ための行為(ライフライン)と捉えられるんじゃないかなー
 と思いました。


 人と人が打ち解けるために「食べる」という行為がすごくナチュラル。
 という話しもありましたが、
 
 「生きる」ための行為(食べること)を共有しあう。ということが、
 すごく「素」に近い状態をお互いに見せ合うということだから
 
 「食べる」という行為がコミュニケーションの
 大きな受け皿になるんだろうなーと思いました。




 そして、現在のエネルギーはお金を払って
 水道・ガス・電気をもらているので
 自分たちが生きるために必要なものは
 結局「お金」なんだと思います。

 また、昨年のような大きな災害が起こったとき
 本当にライフラインが閉ざされてしまうので
 そこにまたお金ではないたくさんのものが
 見えてくるのかなーと思います。



 なので、現代の我々が共有したいことは
 「仕事」「ボランティア」「育児」
 なのかなーと思いました。
 
 ひとつずつの言葉の定義自体が難しいので
 言葉にするのはすごく危険なことだと思いますが
 言い換えると
 「お金を稼ぐ行為」
 「お金以外のことで働く行為(町会や家事なども含み心の繋がりみたいなもの)」
 「子供を育てること」
 という感じでしょうか?


 もっともっとあるかも知れないですが
 僕がわかる範囲ではこんな感じです。。。
 
 
 そのなかで、自分という人間が
 どういうポジショニングで? どういう存在なのか?
 ということがハッキリ解れば解るほど
 人と交わっている部分がクッキリと見えてきて
 より良い「コミュニティ」というものに
 繋がっていくのではないかなーと思いました。


 
 

 うーーん。やっぱりなんだかまとまりませんし
 言葉として公開することがすごく難しいですが
 今思っていることを整理したくて
 書いてみました。。。


 僕はなんの知識もないし、感じたままに頭を整理している
 だけなので単純なことしかわかりませんが、
 読まれた方に失礼や言葉足らずで不快なことがあれば
 申し訳ありません。。。


 
 ただなんか、こんなことを考えさせてもらえたことや
 同じことを考えてる人がたくさんおられるところに
 自分がいれたということがすごく良かったと
 思っています。

 
 これからの自分の
 「暮らし」や「仕事」に 対峙するとき、
 きっとこの感覚が、自分の軸の大きな要素となって
 いくんだろうなーということは確信しています。



 普段、ガーデニング研究会というところで
 武部正俊さんという方の話しを聞いていますが、
 その方の話されることも合間って
 すごく実感が湧いてきました。




 このような機会を与えてくださった皆さんと
 一緒に会場で10時間を共有した皆さん
 本当にありがとうございました!!
 
 

 
| イベント | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
写真展「光と夢と」
 
 10/30(日)~11/5(土)まで
 写真展「光と夢と」に出展しています!

 プロカメラマン2人をゲストに
 素人(12人)ばかりの写真展です。

 谷町4丁目と6丁目のちょうど間くらいにある
 「路地カフェ」というところです。
 谷町筋沿いです。
  
 よかったら遊びに来てください。
 明日11/3のお昼ぐらいは
 会場に行こうと思っています!
| イベント | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
出会い
 
 この週末からいろんな出会いがありました!
 土曜日はKan-kakuを主催している
 森山くんのカフェのオープニングに☆
 
 地元花園という土地にこんなクリエイティブな
 人の集まれる場所ができることは嬉しいことです!
 この日もなんだかすごい偶然つづきの出会いがありました!
 ちょこちょこ気軽に活用したい場所になりそうです♫
 楽しかった。
 
 そして、日曜日は朝からMONKY DESIGN TEAMでの
 古民家プロジェクトのプレゼンへ。
 結果はどうゆう流れになっていくかはわかりませんが
 僕たちなりにはいろいろ意見の交換をしてきたことは
 ある程度伝えられたかなーと思っています。。。
 そして、また偶然にも前日の↑↑↑オープニングで
 出会った方に教えていただいた
 「木村家本舗」に。
 
 詳しくはこちらを→###
 木村工務店の木村さんが普段住まわれてる家で
 開かれています。
 
 改築、増築などを重ね現在のカタチになったようですが
 外と内の繋がりを強く意識されてて
 すごく心地よい空間でした!!
 
 
 
 微妙なアンバランス感がおもしろかったな☆
 こちらは倉庫がある建物。
 
 「まちのえんがわ」というタイトルで
 まちの図書館としてひとつの人のあつまる場所に。
 という思いでつくっておられます。
 
 
 
 このような外部との繋がりをしっかり考えておられる
 印象でした。
  
 これは和泉さんの初期の作品らしいです。
 
 この日も偶然から偶然へ。
 僕の恩師 家谷さんからの繋がりで
 嬉しい楽しい出会いがありました!!
 少しゆとりを持って行動すると
 いろんなことに気付く。
 人ともゆったりと話せる。
 人の気持ちも考えられる。
 そんなことができるだけで心地よいなー。
 
 もっとたくさんいろんな人と話ししていきたいな。
| イベント | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>

ページトップへ